養命酒のメーカーがクラフトジン「香の森」をリリース!



健康酒としておなじみの「養命酒」を手がける養命酒製造が、この度クラフトジンの市場に参入!「香の森」など3ブランドを、3/1(金)より全国同時にリリースします! ちょっと意外にも感じる造り手の参入かもしれませんが、実は整合性があります。当記事ではブランドについて少しだけご紹介!


100年に及ぶハーブの研究で培った技術をクラフトジンに応用


健康目的の薬酒として、古くから日本で親しまれていた養命酒は、生薬などのハーブ、ジンで言うところのボタニカルを原料に造られています。養命酒製造は、そんな養命酒を約100年前から手がけており、それと同時に、欠かせない原料であるハーブ(ボタニカル)の研究を行ってきました。そこで培ってきた知見や技術は、そのままジンのボタニカルの選別やレシピ考案に活かすことができます。自分たちの強みを、新たな可能性として託せるお酒がクラフトジンだったのです。 そうして同社は、中央アルプスの麓、長野県駒ヶ根市にある深い森に囲まれた自社工場にて、クラフトジンを開発。「香の森(かのもり)」、「香の雫(かのしずく)」、「CRAFT GIN COCKTAIL 2種のグレープフルーツとハーブのクラフトジンカクテル」の3ブランドが世に送り出されることが決まりました。


和製ボタニカル「クロモジ」メインに使用!


同社は、長年の研究によって「クロモジ」が素晴らしい香りを放つことを知っていました。その香りを活かすべく、今回リリースされるジンは、クロモジがメインのボタニカルとして使用されています。 クロモジとは、日本の多数の地域に分布するクスノキ科の香木で、古くから香料として親しまれてきました。樹皮に特有の香気があり、枝を折るだけでも甘く華やかで森を思わせる香りが放たれ、その香りの良さからアロマオイルとしても販売されています。



その香味を抽出するための蒸留器には、名だたるクラフトジンメーカーが使用しているドイツのホルスタイン社の最新型の蒸留器が用いられています。また、良いジンを造る上で欠かせない水は、中央アルプスが育む極軟水が使用されています。



ブランド詳細


香の森












クロモジと18種類のボタニカルを組み合わせたプレミアムブランド。 【スペック】 アルコール分: 47% 容量: 700ml 希望小売価格: 4,500円



香の雫















ボタニカル11種類を使用したスタンダードブランド。

【スペック】

アルコール分: 37%

容量: 300ml

希望小売価格: 880円



CRAFT GIN COCKTAIL 2種のグレープフルーツとハーブのクラフトジンカクテル (リキュール)















香の雫をベースに、ローズマリーなどを浸漬、果汁も加えたリキュール。 【スペック】 アルコール分: 22% 容量: 300ml 希望小売価格: 880円


3ブランドともに3/1(金)発売予定!