“タガメ”を用いたジンが登場!誕生背景とジンの素材としての昆虫の可能性に迫る



昆虫食のスペシャリストチームとして知られるANTCICADA(アントシカダ)と、アルケミエ ジンなどを手がける辰巳蒸留所がタッグを組み、タガメを素材として用いた「アルケミエ The bug gin タイワンタガメ」 を6月に発表!

そこで今回は、この革新的でユニークなジンについて、ANTCICADA代表を務める“地球少年”こと篠原祐太さん(写真)に詳しく話を伺いました。

ジンの素材、ひいては酒の素材として“昆虫”はとても可能性があるかもしれません。



洋梨のような香りを放つタガメを使った「アルケミエ The bug gin タイワンタガメ」


昆虫食チームとジン蒸留所という異色のタッグによって実現した今回のジン。最大の特徴であるタガメは、洋梨のようなフルーティーで華やかなフェロモン香を有する“タイワンタガメのオス”を使用。タガメはANTCICADAがこれまでの活動でも多用してきた素材であり、今回のプロジェクトにあたって現地のタイを訪れ素材を厳選したと言います。(現地では普通に食用とされているとのこと) タガメはそのまま使用するのではなく、良い香りに重点を置いて抽出できるよう下処理を施したのち、蒸溜され「アルケミエ The bug gin タイワンタガメ」としてボトリングされています。ちなみに、「タガメにしか出せない香りを感じてもらいたい」として、他のボタニカルはジュニパーのみ。 1本あたりおよそ2匹分のタガメが使用されており、はっきりと感じられる洋梨のような香りに加え、少しトロピカルな要素も感じさせるフルーティーな香味が特徴的な一本です。



タガメ+ジンの誕生背景


もう少しこのジンについて補足すると、篠原さんは昆虫食歴20年のスペシャリスト。小さな頃から様々な昆虫を食していたと言います。2019年4月に、シェフの関根賢人(写真左)さん、発酵家の山口歩夢さん、酒道家の大高尚人さんら、食と酒のスペシャリストとともにANTCICADAを発足。現在、“コオロギラーメン”などで話題を集めています。



ではなぜ昆虫食のチームがジンを手がけることになったのか?篠原さんに聞けば「そもそも蒸留所オープン以前から辰巳(祥平)さんとは繋がっており、素材への愛や探究心など重なる部分が多く、いつか一緒にやれたらと意気投合していました」という。加えて「私たちが注目していたタガメは、その特有の香りからジンの素材に最適だという考えに行き着きました。ANTCICADAの体制が整ったこともあり、満を辞して辰巳さんにプロジェクトを打診。そして始動させることになりました」と話し、実は篠原さんの中では2年前から構想を練っていたといいます。

ちなみに篠原さんとしては、昆虫もあくまで他の素材や食材と同じように捉えてほしいという想いや、変わりダネとして消費されてしまうことへの懸念から、プロダクトに虫の姿をそのまま残すことには敢えてこだわらないといいます。今回のジンについても、「タガメの“香り”にフォーカスしてもらいたいから、あえてその姿を残していません」と話し、パッと見てタガメがいた方がキャッチーかもしれませんがそこは求める部分ではなかったのだとか。



昆虫は酒の素材として可能性に溢れている


さらに素材としての昆虫の可能性について篠原さんに伺うと、「実は昆虫には、それぞれ違った香りや味があります。例えばタガメにしても種類によって微妙に香りが違うのです」と話し、「青リンゴのような香りを放つカメムシや、桜餅のようなフレーバーのケムシなども存在し、ジンはもとより、酒の素材として可能性を感じさせる昆虫が少なくありません」といいます。 “酒+昆虫”はまだまだ新しいカテゴリーであり、前例のない素材が用いられることで全く新しい香りや味わいを体験できるようになる可能性は大いにあり得ると言えます。 昆虫食が次世代の食分野として注目されている昨今、お酒の素材としての昆虫は可能性に溢れていることに加え、お酒のカルチャーを次のステージへシフトさせるきっかけとなるかもしれません。


ちなみに、当記事でご紹介した「アルケミエ The bug gin タイワンタガメ」は開業予定のANTCICADAの店舗や、ポップアップイベントなどでのみ提供される予定の限定商品で、一般販売はされないとのことです。 提供情報についてはANTCICADAのInstagramアカウントをチェックしてみてください。 https://www.instagram.com/antcicada.jp/